Aug 16 2013

GTmetrix でサイトのパフォーマンスを分析する

Version : WordPress 3.6
business-163464_640

とある研究によると、ウェブサイトにアクセスしてから4秒以内にページが表示されないとユーザはそのページを見ないで離れてしまうとのこと。自分のブログはどれくらいのパフォーマンスがあるのか気になりますね。GTmetrix を利用するとページの表示速度を計測してくれるだけでなくさまざまな問題点も指摘してくれます。ユーザ登録すると自動的に毎日計測してレポートを送ってくれる機能もあります。


Pocket

ページの表示速度とユーザのページビュー数や直帰率が悪くなります。GTmetrix のトップページに書いてあることなのですが、4秒たっても表示されないページはユーザは見ないで去ってしまうそうです。

GTmetrix___Website_Speed_and_Performance_Optimization

 

このブログはロリポップのロリポプランを利用していて WordPress を動かしています。ロリポップは安いけれどパフォーマンスは低いという話も聞きます。レンタルサーバー速度比較部さんでは我がロリポップはいつもビリ…。安い分共用しているユーザ数も多いのでしょう。

なんにせよ、目標4秒以内の表示!を目指します。

ちなみに、「WordPress 高速化」でググると出てくる対策はやってみています。 キャッシュ入れたり余計なプラグインは極力省いたり程度ですが。

 

まずは自分のページを分析してみないと何から手を付けてよいかが分かりません。GTmetrix を使って計測してみましょう。

http://gtmetrix.com/GTmetrix

トップページの「Analyze Performance of:」の欄に調べたい URL を入れて Go!を押すだけです。

GTmetrix___Website_Speed_and_Performance_Optimization 2

餃子マナーのトップページの URL を入れてみた結果がこちら。

Latest_Performance_Report_for__http_blog.miyadi.net____GTmetrix

まずはバーンとトータルのスコアが出ています。

Page Speed Grade : A
YSlow Grade : C

読み込み時間は Page load time : 6.15s とのこと。  6秒超えですか、そうですか。

サマリーの下に、Breakdown 欄があって非常に細かい項目ごとのスコアが出ています。問題がある順にソートされているようで、今回の場合には

  1. Defer parsing of JavaScript
  2. Specify Image dimensions
  3. Remove query strings from static resources

が3大巨頭のようで。意味がわかるようなものもあればよくわからないものもあります。1.は JavaScript を表示時にすべて読み込まず、必要に応じて後から読み込めということでしょうか。2.は画像の大きさを明示的に指定しなさいとのこと。3.は URL の中に “?” を付けてパラメータを渡すことがよくあると思うのですが、静的なリソースからは “?” を取り除きなさいと読めます。よくわかりません。実際に指摘されている URL を見てみると、例えば、

./wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs-ja.js?ver=0.3

のように WordPress で使っているプラグインの中身の JavaScript だったりするので、そもそも自分でいじることは避けたいです。JavaScript がパラメータを受け取れるようになっているのも妥当な気がするのでよくわかりません。

 

結果表示の右上辺りにある Download PDF  をクリックするとレポートを PDF 形式でダウンロードすることができます。

Latest_Performance_Report_for__http_blog.miyadi.net____GTmetrix 2

 

レギュラーレポートかフルレポートかを選べと言われるので好きな方を選びます。フルレポートの方が解決策を含めたより詳細な内容が含まれます。

Latest_Performance_Report_for__http___blog.miyadi.net____GTmetrix

 

レギュラーレポートを選ぶと、5ページの PDF になりました。

GTmetrix-report-blog.miyadi.net-20130719T020744-V3NwsyR2.pdf

 

 

GTmetrix にユーザ登録すると毎日自動的に計測してくれます。意図的かどうかは分からないですが毎日違う時間に計測されていました。共用型サーバの場合には利用者数の波があるでしょうから、毎日違う時間に計測してくれたのは結果的には良かった気がします。

1周間の計測結果がこちら。

トップページ

最速:4.65秒
最遅:7.13秒
平均:5.48秒

記事番号 691

最速:6.04秒
最遅:8.99秒
平均:7.21秒

ロリポップ_GTmetrix_計測結果

 

4秒には程遠い結果になってしまいました。指摘された部分をどこまで対処できるか分からないですが、4秒目指してコツコツと高速化に挑戦したいと思っています。。。が、その前に、他の WordPress 使っている有名ブログはどうなのさと。みんな早いのか? そんな疑問が湧いてきたので計測してみました。

 

デザイン面やコンテンツ面でいつも刺激を受けている2つのブログで計測してみました。

まずは、タムカイズムさん

Latest_Performance_Report_for__http___tamkaism.com____GTmetrix

Latest_Performance_Report_for__http___tamkaism.com____GTmetrix 2

あれ…? サマリーは餃子マナーよりも悪いぞ。。。トータル読み込み時間も 5.91秒と餃子マナーのトップページよりも遅いじゃないか。タムカイズムさんのトップページはけっこう画像も多くリッチな感じで、プラグインもいろいろ使っていそうなことを考えると餃子マナーよりも遅くて当然かもしれません。

 

次は Web Design Recipes さん

Latest_Performance_Report_for__http___webdesignrecipes.com____GTmetrix

Latest_Performance_Report_for__http___webdesignrecipes.com____GTmetrix 2

読み込み時間が 4.34秒。餃子マナーのトップページと比較しても同じようなコンテンツ量で(デザインセンス以外は)似ています。そう思うと速いです。特筆すべきは解析結果の GRADE 欄。一番問題があるものでも C です。同じ WordPress を使っている餃子マナーやタムカイズムが F ランクが上位を占めていることからすると驚異的です。今後の参考になりそうです。

 

最初に4秒が目標と書きましたが、人気のあるブログは4秒以上かかっても人は集まっているのであまり気にしなくてもよいのかもしれません。ブログの性質もあるかもしれませんね。何か調べたくて探している場合には参考になるサイトは多少待ってでも読みたいですしね。

また、WordPress はサーバサイドでは PHP を、クライアントサイドでは JavaScript をガシガシ動かしているのでどうしても重くなりがちかと思います。速いパソコンでは当然閲覧速度も速くなりますが、遅いパソコンでは JavaScript の実行も遅くなるのでいくらサーバ側を工夫しても速くはなりません。

GTmetrix を参考程度にしつつ、簡単で効果の高そうなところから最適化していこうかなと。

本気でやるなら速いレンタルサーバー借りるのが一番かもしれませんねぇ。

 

Pocket

コメントを残す