Jan 23 2014

ブログを書く暇がないときは Tweet Old Post で手抜きしよう

Version : WordPress 3.8, Tweet Old Post 4.0.9
twitter_wp_logo

生後1ヶ月の我が子の育児が思ったよりもはるかに大変で、まったくブログ更新する暇がとれませぬ。
育児「休暇」っていうくせにまったく休みも暇もないんですけど。
そんなときに、いいものないかなーと探していて見つけたのが Tweet Old Post という WordPress のプラグイン。過去の投稿からランダムに自動で tweet してくれるプラグインです。面白そうなので、これを使って横着することにしました。


Pocket

年末に子供が産まれたため、ブログの更新が滞ってしまい気になっている毎日。育児休暇を取得していつもよりたくさん書くぞ〜と意気込んでいたくらいなのにぜんぜん「休暇」じゃないです。子育てがここまで大変だとは。

今年から餃子マナーも SNS を活用しようと、twitter や Facebook ページ を開設したのに何も記事がない…という状況をとりあえず脱却するために Tweet Old Post という WordPress プラグインを使用することにしました。本質的解決にはならないですが…。

 

このプラグインは WordPress の過去の記事をランダムにツイートしてくれるプラグインです。ブログの記事がそこそこたまっていれば twitter 経由でアクセスが増えるんじゃない?という目論見です。(実際はそんなに甘くない…)

単に過去記事をツイートするだけではなく、ツイート方法を細かく設定できるようになっています。

  • ツイートする時間間隔
  • どこまで昔の記事を使うかの指定
  • ツイートする(しない)カテゴリの指定
  • 個別記事のツイート除外指定
  • ハッシュタグの付与
  • ブログ記事への 短縮 URL 貼り付け

などを指定できます。

 

WordPress のプラグイン検索から「tweet old post」を検索してインストールします。

プラグインのインストール_‹_餃子マナー_—_WordPress

 

無事にインストールが終わるとサイドバーメニューに「Tweet Old Post」項目が現れます。

Tweet_Old_Post_‹_餃子マナー_—_WordPress

 

順に設定していきましょう。まずは、自分の twitter アカウントと紐付けます。設定画面の一番上の方にある「Sign in with Twitter」をクリックして Twitter にログイン、承認を行えば OK です。

Tweet_Old_Post_‹_餃子マナー_—_WordPress-8

 

その下にはいろいろな設定項目が続きますがそれほど悩むところはないかと思います。すべて英語なので尻込みしてしまうかもしれませんが、普段 twitter をやっている人であれば意味は理解できるんじゃないでしょうか。ちなみに僕の設定はこちらです。

Tweet_Old_Post_‹_餃子マナー_—_WordPress-19

 

さらに続きます。ツイートする時間間隔やツイート対象の設定をします。

Tweet_Old_Post_‹_餃子マナー_—_WordPress-16

 

一番下の「Exclude Specific Posts」をクリックすると個別の記事を対象にするか除外するかを選択する画面になります。チェックマークをつけて「Exclude Selected」ボタンを押すとその記事がツイート対象から除外されます。

Exclude_Posts_‹_餃子マナー_—_WordPress

 

すべての設定が終わったら忘れずに「Update Tweet Old Post Options」をクリックして設定を保存します。

Tweet_Old_Post_‹_餃子マナー_—_WordPress-10

「Tweet Now」を押して手動でツイートテストをしてみた結果がこちら。

餃子マナー__gyoza_manner_さんはTwitterを使っています

ありゃ、、、記事のタイトルが途中で切れてる。本当は下のようになって欲しい。

餃子マナー__gyoza_manner_さんはTwitterを使っています 2

どうやらこれは、日本語にきちんと対応していないからのようです。

ちょっとソースをいじらないとならないですが、それほど難しくないので対処法を書きます。

 

ソースコードを見るとどうやら文字数を140文字で切るためにカウントを行っている部分が日本語に対応しておらず140文字ではなく140バイトで切ってしまっているようです。プラグインリストの「編集」から top-core.php の set_tweet_length() 関数をマルチバイトに対応した関数に置き換えてあげましょう。

この部分のもとのソースはこちら。Ver 4.0.9 では 403行目から set_tweet_length() 関数が始まっています。

この中で使われている次の3種類の文字列系関数 をマルチバイト対応のものに書き換えます。

  • strlen → mb_strlen
  • substr → mb_substr
  • strrpos → mb_strrpos

 

置き換えた結果は次の通り。

保存してテストツイートをしてみると今度はうまくいきました!

餃子マナー__gyoza_manner_さんはTwitterを使っています 2

ばんじゃい!

 

Pocket

コメントを残す